スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェネクス帝

こんばんは

久しぶりの更新です。
最近リアルが忙しすぎてなかなか更新できませんでした。

さて本題に入ります。
告知通りネタデッキを紹介します。

タン・ツイスターの入ったジェネクス帝です。

ジェネクス帝

では簡単にデッキ紹介をさせていただきます。

まずジェネクス・ウンディーネで黄泉ガエルを落としてジェネクスコントローラーを手札に加えます。
ここからスタートしないとジェネクス帝は動きません。
黄泉ガエルをリリース要員とし、邪帝ガイウスや風帝ライザーの強力な効果で帝を制圧します。
あとエネミーコントローラーや精神操作でモンスターを奪えるのは強いですね。

普通のジェネクス帝と違うのはタン・ツイスターが入っていることです。
タン・ツイスターはアドバンス召喚して墓地へ送られるとデッキから2枚ドローできます。
どのデッキもそうなのですが、ドローできるカードは強いです。最初はゴブリンのやりくり上手がいいかと思いましたが、エンド時サイクロンや砂塵の大竜巻などが怖いのでタン・ツイスターを採用しました。
あとタン・ツイスターはセットして出すことをお勧めします。理由は攻撃表示で出すと神の警告で効果を失いドロー効果が使えなくなります。それはさすがにもったいないのでセットするのが無難ではないでしょうか。もし相手が抹殺の使徒、トリシューラ、異次元の女戦士などの除外するカードを使われた場合はその時は仕方ないと思います。

ジェネクス帝の一番の弱点はトリシューラです。
このカードを使われるとさすがに苦しくなります。墓地の黄泉ガエルを除外されてしまうとジェネクス帝は苦しくなります。その対策としてエフェクト・ヴェーラーを入れています。トリシューラ等の強力な効果を止めれるのはやはり大きいです。でも今の環境なら2枚入れてもいいのではないかと感じました。あと王虎ワンフーやスキルドレイン、クリスティア、除外系のカード等にも弱いですね。
その他に入れているカードを簡単に紹介します。

○バトルフェーダー
相手のバトルフェーズを強制終了できるのと帝のリリース要員になるので採用しました。

○冥府の使者ゴーズ、トラゴエディア
帝は基本的に魔法・罠をあまり伏せないデッキなのでゴーズやトラゴエディアが出しやすいので採用しました。

○クロスソウル
バトルフェイズは出来ないけど、相手のモンスターをリリース要員にしてガイウス、ライザー、タンツイスターを出せます。
あととっておきのコンボがあります。
相手フィールド上にモンスターが2体います。クロスソウルでモンスターを1体選択します。エネミーコントローラーでクロスソウルで選択したモンスターをリリースして相手の表側表示のモンスターを奪うことができます。その代わりバトルフェイズはできないですが・・・
それでもモンスターを奪ってチューナー出してシンクロ召喚できるのは強いのではないでしょうか。

○ワン・フォー・ワン
どうしてもジェネクス・ウンディーネや黄泉ガエルが来なかった時は帝を捨てて黄泉ガエルを特殊召喚したりします。黄泉ガエルが墓地にいる時はグローアップ・バルブを特殊召喚してフォーミュラー・シンクロンが作りやすいので採用しました。

○強欲で謙虚な壺
普通なら2枚入れたいところなんですが、2枚入れるとだぶる可能性があるので1枚の採用です。あと初手にジェネクス・ウンディーネが来なかった時にサーチできるのが強いです。

○水霊術「葵」
1番重要なのは相手の手札を見れることです。相手がどういうデッキなのかを把握できるのでデュエルの戦術がたてやすくなります。さらに相手の手札を1枚墓地へ送れるので狙っていたコンボを阻止できるのでその点が強いと思ったので採用しました。

○ダストシュート
水霊術「葵」と同様です。相手の手札を見てモンスターを戻せれるのは鬼畜です。

ざっとこんな感じです。
イベントで結果は残せていませんが、ネタデッキとしてはいいのではないでしょうか。
事故率は高いけれど回れば面白いデッキです。
資産のある人は是非作ってみてはいかがでしょうか?

何か質問等がありましたらコメントしていただけると嬉しいです。

ではノシ

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。